ブログ

外壁のメンテナンスに最適な時期とは?こんなサインには要注意!

2022.2.21

家を建ててから年数が経つと、気になってくるのが外壁のメンテナンスです。
大切な家を長く維持するためには、どのくらいでメンテナンスをすればよいのでしょうか?
今回は、外壁のメンテナンスに最適な時期とサイン、またメンテナンスをおこなう際の注意点をご紹介します。

 

【外壁のメンテナンスに最適な時期】

外壁のメンテナンスは、築10年頃におこなうのが一般的です。
しかし、この目安は外壁の種類や状態によって異なります。
外壁の種類には、主に以下の素材があります。
・サンディング
・モルタル
・タイル
これらは種類によって耐用年数が違うので、外壁のメンテナンス時期も異なってくるのです。
そこで、外壁の種類別に最適な時期がいつなのかご紹介したいと思います。

 

「サンディング」

サンディングには、窯業系サイディングと金属系サイディングがあります。
窯業系サイディングは、耐震性・防火性・遮音性に優れており、近年の住宅の約8割で使用されている素材です。
メンテナンス頻度は、7〜8年に1度といわれています。
金属系サンディングは、防音性・遮熱性・防水性に優れており、メンテナンス頻度は10〜15年に1度が目安です。

 

「モルタル」

モルタルは、質感がよくて耐久性にも優れているのですが、ひび割れが起こる可能性があります。
そのため、定期的なメンテナンスが必要です。
また、耐用年数は30年と長いのが特徴で、この耐用年数を保つためには5〜10年に1度のメンテナンスをおこないましょう。

 
「タイル」

タイルは耐久性に優れていて、耐用年数はもっとも長い30〜40年です。
しかし、コーキングの劣化などでタイルの裏側に水が入った場合は、タイルが浮いたり剥がれたりすることがあります。
そのため、10年に1度の頻度でメンテナンスをおこないましょう。

 

【サインでわかる外壁のメンテナンス時期】

外壁をメンテナンスする際には、外壁別の目安を参考にしておこなうのも1つの方法です。
しかし、次のようなサインがあった場合には、目安よりも早めにメンテナンスを検討する必要があります。

 
「外壁の色褪せ」

家を建てた当初よりも外壁が色褪せてきた場合には、塗装の劣化が始まってきたサインです。
劣化の進行度としては低いので急ぐ必要はありませんが、メンテナンス時期の目安と考えることができます。
また、外壁の色褪せは判断しやすいものなので、定期的に確認するようにしましょう。

 

「チョーキングの発生」

外壁を手で触った際に、手に白い粉がつくチョーキング現象が発生した場合も、塗装の劣化が始まってきたサインといえます。
これを放置しておくと外壁のひび割れなどが起こる可能性もあるので、早めに対応するようにしましょう。

 

「コケやカビの発生」

塗装の防水性がなくなると、外壁の表面に湿気をもたらしコケやカビが発生します。
そのため、コケやカビが発生しているということは、塗装の劣化が始まって外壁の耐久度が下がっているサインになるのです。

 

「外壁のひび割れ」

外壁のひび割れは、塗装が乾燥することによって起こります。
ひび割れを放置すると、雨水の浸入によって雨漏りを起こす可能性や、外壁材自体が割れる危険性もあります。
そのため、できる限り早く修繕することがおすすめです。

 

「塗装の剥がれ」

塗装の剥がれは、塗膜の劣化が始まってきたサインで、そのままにしておくと他の塗装もどんどん剥がし耐久性も低下させてしまいます。
そのため、塗装の剥がれを確認した場合は、早急にメンテナンスをおこないましょう。

このようなさまざまなサインがみられた場合は、耐用年数を過ぎていなくても早めにメンテナンスをおこなうことをおすすめします。
メンテナンスを怠っていると、家の耐久性を下げることになり、雨漏りなどのトラブルが発生する可能性もあります。
そして結果的に、多くの費用がかかってしまうケースもあるので注意しましょう。

 

【外壁のメンテナンスをする際の注意点】

外壁のメンテナンスをおこなう際には、注意しておくべき点がいくつかあります。
メンテナンスで失敗しないためにも、注意点をしっかりと把握しておきましょう。

 
「DIYでのメンテナンスはしない」

外壁のメンテナンスは高額になるからと、DIYでメンテナンスをおこないたいと考える方は多いのではないでしょうか?
しかし、業者に依頼せずに自分でおこなうと適切な作業がおこなえず、間違った作業をする危険があります。
そうなってしまうと、外壁を傷めてしまうなどの失敗をしやすいためおすすめできません。
また、失敗してしまうことで、かえって修繕に費用がかかってしまいます。

 

「外壁の種類に合ったメンテナンスをする」

外壁にはさまざまな種類があり、それぞれメンテナンス方法が異なります。
そのため、家の外壁に合った方法でメンテナンスすることが重要です。
また現在は、タイルのように耐用年数が長い素材はありますが、メンテナンス不要なメンテナンスフリーの素材は存在しません。
なので、どのような種類であってもメンテナンスは必要です。

 
事前の点検を丁寧におこなう」

外壁のメンテナンスをおこなう際は、事前の点検をしっかりしてもらいましょう。
なかには、外壁の状態をしっかり確認せず契約を急がせる業者も存在します。
事前に点検をおこなっていないと、メンテナンスが始まってから追加料金が必要になるといった問題も起こってしまいます。
そのため、事前の点検は丁寧におこなってもらうことが大切です。

 

【まとめ】

家を建ててから10年ほど経過すると、外壁のメンテナンスが必要です。
外壁のメンテナンスは、外壁の種類別で時期の目安は異なり、それぞれ最適な時期があります。
しかし、メンテナンスのサインが現れたら、目安よりも早めにおこなうことが大切です。
外壁のメンテナンスは、大切な家を長持ちさせるためにとても重要なので、放置せずに対応するようにしましょう。

 

木更津市、富津、君津、鴨川、勝浦の外壁塗装・屋根塗装専門店【アクア塗装】千葉県地域密着

-K-

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る