ブログ

外壁塗装の耐用年数はどれくらい?長持ちさせるコツとは?

2022.7.9

 

外壁は建物のイメージを決めるとても重要なものです。

外壁が汚れていたり色褪せていたりすると、建物自体の印象があまりよくありません。

しかし、外壁塗装工事は費用がかかるので、できるだけ長持ちしてほしいと思う方は多いでしょう。

外壁塗装の耐用年数は塗料の種類によって異なるので、塗料別の耐用年数について解説したいと思います。

また、耐用年数を過ぎてしまった際のトラブルや外壁塗装を長持ちさせるコツもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

 

外壁塗装の耐用年数

 

 

外壁塗装の耐用年数はどれくらい?長持ちさせるコツとは?

 

外壁塗装をおこなう際に使用する塗料にはさまざまな種類があります。

まずは、塗料別の耐用年数について解説します。

 

 

アクリル塗料:5~7年

アクリル塗料は、発色がよい鮮やかなカラーと乾燥の早さが特徴です。

乾燥が早いので工事期間が短くなり、費用も抑えられるというメリットがあります。

しかし、デメリットとして紫外線に弱く耐久性に劣るという点があるため、現在はあまり使用されない塗料になります。

 

 

ウレタン塗料:7~10年

ウレタン塗料は密着性が高く、汚れにくい・色褪せしにくいというメリットがあります。

しかし、シリコン塗料と比較すると耐用年数が短いため、現在では少しずつ使用頻度が少なくなっている塗料です。

 

 

シリコン塗料:10~13年

シリコン塗料は、ウレタン塗料と同様に汚れにくく色褪せしにくいというメリットがあります。

同じメリットがあるにもかかわらず、ウレタン塗料よりも耐用年数が長くコストパフォーマンスが高いため、現在外壁塗装で最も使用されている塗料です。

また、カラーバリエーションが豊富なところも魅力の1つになります。

 

 

ラジカル塗料:12~15年

ラジカル塗料は防カビ性・防藻性・防汚性に優れており、色褪せもしにくいためツヤが持続します。

シリコン塗料よりも耐用年数は長いですが、費用はシリコン塗料とあまり変わらないので現在注目されつつある塗料になります。

 

 

フッ素塗料:15~20年

フッ素塗料は高性能なので、耐用年数がとても長い塗料になります。

また、汚れにくく光沢感があるのが特徴です。

従来はビルや商業施設などでの使用が多い傾向でしたが、最近では一般住宅の塗装にも使用されるようになりました。

 

 

光触媒塗料:15~20年

光触媒塗料には、太陽光で汚れを浮かせて雨水で汚れを洗い流す自浄作用があり、メンテナンス性・防汚性に優れています。

また、空気浄化機能があるので地球に優しい塗料です。

 

 

無機系塗料:15~25年

無機系塗料は有機物を含まないので、紫外線に強く高性能な塗料です。

耐用年数が15~25年ととても長いためメンテナンスは少なくて済みますが、その分費用が高いため使用されることは少ない塗料になります。

 

塗料について詳しく知りたい方は、「塗料について」からご確認ください。

 

 

 

 

耐用年数を過ぎた場合に起こるトラブル

 

外壁塗装の耐用年数はどれくらい?長持ちさせるコツとは?

 

耐用年数が過ぎてしまった場合、以下のような劣化症状が現れる可能性があります。

 

 

チョーキングが発生する

チョーキングとは雨や紫外線によって塗料の合成樹脂が劣化して、塗料の顔料が粉状になって塗装面に現れる現象です。

塗装面を手で触った際に白い粉が付きます。

チョーキングが発生しているということは、塗膜が劣化しているサインです。

 

 

コケ・藻が生える

コケや藻は、水分がある環境で繁殖します。

耐用年数が過ぎて塗装面の防水機能が低下することで水切れが悪くなり、コケや藻が発生してしまうのです。

コケや藻の発生を放置しておくと劣化がどんどん進んでいくので、メンテナンスで除去することが大切です。

 

 

ひび割れ・剥がれが発生する

ひび割れは、大きなひび割れの場合だと雨漏りの原因になってしまいます。

剥がれは、密着性がなくなることで発生する劣化です。

塗膜の保護機能が低下しているサインなので、早急にメンテナンスが必要になります。

 

 

 

 

外壁塗装を長持ちさせるコツ!

 

外壁塗装の耐用年数はどれくらい?長持ちさせるコツとは?

 

外壁塗装をするならできる限り長持ちしてほしいと思う方は多いと思います。

最後に外壁塗装を長持ちさせるためのコツをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

 

耐用年数の長い塗料を選ぶ

先ほども説明したように塗料にはさまざまな種類があるので、外壁塗装を長持ちさせたい場合は耐用年数が長い塗料を選びましょう。

耐用年数が長いシリコン塗料・フッ素塗料などがおすすめです。

 

 

劣化を放置しない

外壁塗装には、経年劣化によってチョーキングやひび割れなどの劣化症状が起こってしまいます。

これらの劣化症状を放置してしまうと、外壁材が傷み塗装も長持ちしなくなってしまいます。

また放置し続けるとどんどん劣化が進んでいき、塗装工事では修繕が不可能になる場合もあるのです。

そのため、劣化症状が見られた際にはできるだけ早めにメンテナンスをおこなうことが大切です。

そして劣化を放置せずにメンテナンスをおこなうことで、外壁塗装の長持ちにもつながります。

 

 

 

 

まとめ

塗料にはさまざまな種類がありそれぞれ耐用年数が異なるので、長持ちさせたい場合は耐用年数が長い塗料を選ぶとよいでしょう。

また、耐用年数を過ぎてしまうとひび割れなどの劣化が起こる可能性があり、さらに劣化を放置してしまうと外壁材が傷んで外壁塗装が長持ちしません。

そのため、劣化は放置せずにできる限り早めのメンテナンスをおこなうことが大切です。

 

*K*

 

 

当社では無料診断をおこなっておりますので、こちら「プロが見る無料診断」からぜひご利用ください。

 

千葉県木更津市、君津市、富津市、鴨川市、南房総市、館山市、勝浦市、いすみ市で、塗装工事、屋根工事のことなら、アクア塗装へお気軽にご相談ください。

千葉県木更津市の外壁塗装店【アクア塗装】

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る