ブログ

屋根葺き替え工事とは?メリットとデメリットについて

2022.9.24

 

屋根は建物の1番上に位置しているので、紫外線や雨風などの影響を受けやすく劣化しやすい箇所になります。

屋根の劣化を放置してしまうと建物の耐久性にもかかわってきます。

そのため、劣化が見られた場合は放置せずに工事をおこなう必要があるのです。

この記事では、屋根の葺き替え工事のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

また葺き替えが向いているケースについても解説するので、ご自宅の屋根の状態を見て判断しましょう。

 

 

 

屋根葺き替え工事とは

 

屋根葺き替え工事とは?メリットとデメリットについて

 

屋根工事には、「葺き替え工法」と「カバー工法」の2種類があります。

それぞれの方法については以下になります。

 

・葺き替え工法:既存の屋根材を全て撤去してから新しい屋根材を張り付ける方法

・カバー工法:既存の屋根材は撤去せずにその上から新しい屋根材を被せる方法

 

既存の屋根の状態によって、どちらの方法が向いているかが決まります。

葺き替え工法が向いているケースについては次で解説します。

 

 

 

屋根葺き替えが向いているケース

 

屋根葺き替え工事とは?メリットとデメリットについて

 

葺き替え工法とカバー工法のどちらが向いているのかは、既存の屋根の状態によって異なります。

葺き替え工事が向いているケースは以下になります。

ご自宅の屋根の状況で当てはまる場合は葺き替え工事をおこないましょう。

 

 

既存の屋根が瓦屋根の場合

既存の屋根が瓦屋根の場合、瓦屋根を残したまま上から屋根材を固定することが難しいので、カバー工法をおこなうことができません。

そのため、葺き替えで既存の屋根材を全て撤去する必要があります。

 

 

下地が腐食している場合

割れや欠けなど屋根の劣化がひどい場合、下地まで劣化して腐食していることがあります。

下地が腐食している場合は、新しい屋根を固定する際に使用する釘やビスが効かないことがあるのです。

そのため、下地も全て新しい屋根材に取り替える葺き替え工事が必要になります。

 

 

雨漏りが発生している場合

雨漏りが発生している場合は雨水が建物内部に侵入しているということなので、屋根の下地が腐食している可能性があります。

先ほども説明した通り、下地が腐食していたら葺き替え工法しかできないので、雨漏りが発生していて下地が腐食していた場合は葺き替え工事が必要です。

 

 

耐久性を高めたい場合

葺き替え工事では屋根材と下地の全てを新しいものに交換するため、屋根の建物を保護する機能が向上します。

その結果建物の耐久性が高まるので、耐久性を重視したい場合は葺き替え工事がおすすめです。

 

 

 

屋根葺き替え工事のメリット

 

屋根葺き替え工事とは?メリットとデメリットについて

 

葺き替え工事には以下のようなメリットがあります。

 

 

家の寿命が延びる

葺き替えは、屋根材はもちろん下地も全て撤去して新しいものに取り替える屋根全体の工事になります。

そのため、雨風や紫外線などから建物を守る機能が向上し新築同様の状態になります。

その結果雨漏りなどを防ぐことができ、家の寿命も延ばすことができるのです。

 

 

耐震性が高まる

葺き替える屋根材を軽い屋根材に交換した場合、建物の耐震性が向上します。

瓦屋根は重く建物に負担がかかっているため、瓦屋根から軽い素材の屋根材に交換した場合は耐震性がとても高くなるのです。

軽い屋根材には、スレート屋根やガルバリウム鋼板などがあります。

 

 

外観を一新できる

屋根は建物の外観を左右する箇所でもあります。

屋根によって外観の印象が大きく変わることもあり、葺き替えは屋根材の素材やデザインが全て変わるため外観を一新することができます。

今の外観に少し飽きてしまったので外観を一新したい、という方にとってメリットとなるでしょう。

 

 

 

屋根葺き替え工事のデメリット

 

屋根葺き替え工事とは?メリットとデメリットについて

 

葺き替え工事のメリットがあればデメリットも存在します。

後悔しないためにもデメリットもしっかりと把握しておくことが大切です。

 

 

費用が高い

葺き替え工事では屋根材や下地を全て新しいものに取り替えるため、その分材料費がかかってしまいます。

さらに、既存の屋根材を解体する費用や撤去する処分費用もかかってしまいます。

また葺き替えは工期も長くなってしまうため、人件費がかかることも費用が高くなる要因です。

コスト面を1番重視している方にはデメリットとなるでしょう。

 

 

廃材が出る

先ほども説明したように葺き替えの場合は既存の屋根材を全て撤去するので、屋根材や下地などの廃材が出てしまいます。

廃材が出ることで近隣へ迷惑がかかり、近隣トラブルに発展してしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

 

まとめ

屋根の葺き替え工事には、耐震性が高まり建物の寿命が延びるなど様々なメリットがあります。

しかし費用がかかるなどのデメリットもあるので、デメリットについてもしっかりと把握しておくことが重要です。

屋根は雨風や紫外線から建物を守るためにとても重要なものなので、割れや欠けなどの劣化症状が起きた場合には状況によって葺き替え工事をおこないましょう。

 

*K*

 

 

当社では無料診断をおこなっておりますので、こちら「プロが見る無料診断」からぜひご利用ください。

 

千葉県木更津市、君津市、富津市、鴨川市、南房総市、館山市、勝浦市、いすみ市で、塗装工事、屋根工事のことなら、アクア塗装へお気軽にご相談ください。

千葉県木更津市の外壁塗装店【アクア塗装】

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る