現場レポート

千葉県富津市にて外壁塗装工事!

2019.6.21

いつもご覧頂きありがとうございます。
 

今回も現場レポートになります。
 

今回は千葉県富津市内のお客様邸にて外壁塗装工事を行います。
 

前日までに下塗り作業が終わっており、今回から上塗りを行いました。
 

ですが、作業を進めていくうちに外壁面に小さなひび割れ=クラックと呼ばれるものが入っている事に気がつきました。
 

このクラック、表面だけが経年劣化によりひび割れる物もあれば、表面だけでは無く、内側にまで割れが生じている場合もあります。
 

クラックを放置すると、後々の外壁の落下や、雨水の侵入を許してしまう事に繋がっていきます。
 

その為、小さなクラックでも、補修を行うことが一番の改善策になります。
 

クラック専用の補修剤を使ってひび割れに沿って塗って行き、乾燥するまで待ちます。
 

乾燥が確認できたら、サンドペーパー等を使い表面の凸凹を無くし、外壁と一体化させ、その後に塗装を行います。
 

この補修剤は種類によって、塗装出来るものと、塗装出来ないものがあるのも注意点の一つです。
 

今回は小さな状態でクラックを発見できましたので、今後の外壁の寿命も伸ばす事が出来ました。
 

外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 

★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る