現場レポート

千葉県袖ケ浦市にて屋根塗装。雨漏りも防ぎます!

2019.6.26

いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県袖ケ浦市内のお客様邸にて屋根塗装工事をご依頼頂きました。
 
前日までに洗浄作業が完了していましたので今回は下塗り、上塗りを行いました。
 
そこで今回は上塗り時に気になった部分をご紹介します。
 
写真は屋根材のひび割れです。
 
屋根材はコロニアルと呼ばれる軽量の素材になります。
 
近年は瓦と並んで多く使用されています。
 
ひび割れは塗装作業時にきちんと確認します。
 
このひび割れは小さいですが、放置しておくと後々雨漏りを引き起こす恐れがあります。
 
その為、こういった状態が確認できた段階で補修を行います。
 
補修は変性シリコンコーキング材を用います。
 
何故この材料なのかと言うと、変性でなければ、硬化後にコーキングに塗料を塗る事が出来ないからです。
 
薄く目立たないように塗りますが、防水がきちんとされる様に施工を行いました。
 
ほんの小さなひび割れではありましたが、家を守る為にはこういった小さな部分のメンテナンスを積み重ねる事が大切なのです。
 
雨季に不快な思いをして欲しくないので補修が行えて良かったです。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る