現場レポート

千葉県袖ケ浦市にて屋根塗装工事!クラック発見!

2019.7.4

いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県袖ケ浦市内のお客様邸にて屋根塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回作業分で屋根の洗浄が完了していました。
 
この時、時間の関係で補修できなかったのですが、雨漏りが起きていました。
 
お客様からは工事前には指摘がなかったのですが、洗浄作業を行っていた際に天井裏で雨漏りに備えていた職人が微量の漏れを確認していました。
 
場所を確認し、今回屋根を見てみると大きなクラックが入っていました。
 
屋根材がコロニアルと呼ばれるものなのですが、素材が薄く、築年数を重ねる毎にクラックが入ってしまう特性を持っています。
 
こちらのお客様邸も築年数を重ねており、経年劣化としては仕方ない部分ではあります。
 
コロニアルのクラック補修に関しては、補修用のコーキングを使う事が殆どです。
 
ただしこのコーキングは塗料で塗れる材質の物を使用します。
 
実は一般的なコーキングは乾いて硬化してしまうとコーキングが弾いてしまい、上から色を濡れないのです。
 
それを防ぐ為に必ず変性素材のコーキングを使います。
 
今回も変性コーキングで補修を行い、下塗りまで完了しました。
 
次回以降上塗りを行なっていきたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る