現場レポート

千葉県市原市にてコーキング撤去作業!

2019.8.23



 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県市原市内のお客様邸にて外壁の塗り替え塗装、目地シール材の打ち替え工事のご依頼を頂きました。
 
今回から目地シール材の撤去作業に入っていきます。
 
まずは既存のシール材と目地との縁を切る作業です。
 
カッターなどで丁寧に淵と目地との縁を切っていき、あとは力一杯引き剥がしていきます。
 
シール材=コーキングという素材で、施工時はとても柔らかいのですが、硬化する性質を持っており、硬化してしまうと密着し、弾力も出てくるのでかなり撤去には力が必要です。
 
作業自体は難しくないのですが、いかんせん体力勝負の作業な為中々すすみません。
 
そして目地内にコーキングが残っていないかの確認も行う為、丁寧に手間をかけるので尚更時間が必要なの作業です。
 
ですがここで手を抜くと新たに打ち込むコーキングが密着せずに雨漏りを引き起こしてしまうので気を抜かず丁寧な仕事を心がけています。
 
今回で撤去作業が完了しましたので次回から養生を進めていきたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る