現場レポート

千葉県木更津市にて外壁面クラック補修!

2019.8.26



 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県木更津市内のお客様邸にて外壁の塗り替え塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回の作業で洗浄が完了していますので、今回は下塗りを行う前に、所々に発生しているクラックの補修を行います。
 
今回の現場はサイディングではなく、モルタルの塗り壁でした。
 
塗り壁の場合、経年劣化により表面の仕上げ部分と下地部分とが剥離してきてしまい隙間ができます。
 
この隙間ができた事によって小さな振動や外的衝撃によってクラック=ひび割れが出来てしまいます。
 
クラックが出来てしまうと最悪の場合、壁が剥がれ落ちてしまいますので、クラックを確認できた段階で補修を行なっています。
 
補修には専用の補修材を使用します。
 
使い方はいたって簡単でクラック部分に注入し、表面部分を凹凸のないように仕上げるだけです。
 
ただ、注入後はしっかりと硬化するのを待ってから下塗りに入ります。
 
硬化せず塗装をしてしまうと、補修材と塗料が混ざってしまい、お互いの効果を薄めてしまう恐れがあるからです。
 
今回の作業で補修を全て完了しました。
 
次回から塗装工程に進んでいきます。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお
 
悩みのお客様! 是非お声掛けください!
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る