現場レポート

千葉県富津市にてコーキング打ち替え作業!

2019.9.5



 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は千葉県富津市内のお客様邸にて外壁の塗り替え、それに伴う目地シールの打ち替え工事のご依頼を頂きました。
 
前回で目地シールの撤去作業が完了していますので、引き続き養生を行い、シール材打ちを行います。
 
シール材は一般的にコーキングと呼ばれていますので以後はコーキングと呼ばせて頂きます。
 
今回の外壁はALCと呼ばれる材質を使用しており、このALCは目地幅もかなり広いです。
 
その為養生を真っ直ぐ行わなければかなり曲がりが目立つので注意しながら作業を進めました。
 
養生が終わるとすぐにコーキングを打っていきます。
 
コーキングは仕上げる時にヘラで抑えるので少し盛った状態で打ち込んでいくのがベストです。
 
打ち込みが終わると専用のヘラでコーキングを抑え、仕上げていきます。
 
今回は先端が硬質スポンジのヘラを使用しました。
 
目地幅が広い為こういった道具で作業を進めるととても効率良く進むのです。
 
今回の作業で家全体の目地にコーキングを打ち終える事が出来ました。
 
次回からは塗装工程に入っていきます。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る