雨どい交換・修理が大切な理由

雨どい交換・修理が大切な理由

2019.12.14

木更津 外壁塗装

雨どいの交換や修理が大切な理由は、建物の耐久性に大きな影響を与えてしまう点です。

雨どいは屋根に降った雨を集めて排水する設備のことですが、

基本的に高い場所に設置されているので、普段の生活で気にすることはあまりありません。

しかし、雨どいの異常をそのまま放置してしまうと、

大きなトラブルに発展することがあるので注意してくださいね。

 

雨どいの交換や修理が必要になるケースは、大きく2つに分けられます。

1つ目は、雨どいに溜まったゴミや汚れによって雨どいが傾いてしまうことで雨が流れなくなることです。

雨どいに溜まるゴミや汚れで多いのは、落ち葉や鳥が運んでくる枝などがあります。

一度溜まったゴミは自然に流れることはないので、雨どいの中に増える一方です。

最悪の場合には、重みに耐えきれずに雨どいが落下してしまうこともありますね。

 

2つ目は、経年劣化によって全体の勾配がおかしくなってしまうことです。

雨どいを固定している金具は、基本的に建物の鼻隠しに固定されています。

鼻隠しの素材が木材の場合には、経年劣化によって固定金具の強度も下がってしまいます。

勾配がおかしい雨どいでは、雨が流れずに湿気が溜まりやすくなります。

建物にとって湿気はトラブルの原因になりますので、

雨どいの異常を発見した場合には早急な対応が必要ですね。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る