ブログ

家の外まで大掃除! 外壁の黒ずみへの対処法と、掃除後の注意点

2021.12.20

家の中をきれいにしたら、家の外の汚れも気になってきた! ということはありませんか?

 

この記事では、外壁や塀などの黒ずみへの対処方法と、外壁の補修が必要になるお手入れのサインについて説明しています。

普段はあまり目につかない場所の外壁や、バルコニーの床面、ひさしの裏側(軒裏、軒天井)などの塗装の状態についても、この機会に確認してみましょう。

 

外壁に劣化が見られた場合は、劣化箇所が小さいうち、劣化の度合いが軽いうちに補修をしておくことで、将来的なコストを抑えられる場合があります。

 

 

【外壁の汚れを放っておくと、建物の寿命が縮みます】

ペンキなどの塗料が固まってできた膜を、塗膜(とまく)といいます。

 

外壁塗装に使われる塗料は、
・汚れに強い性質があるもの
・断熱性があるもの
・他の塗料に比べて耐久性が長いもの
など、様々な特色を持っています。

 

例えば、汚れに強い性質がある塗料は、塗膜の表面に埃などの汚れがついても、雨などの力で汚れを簡単に洗い流すことができます。

 

また、断熱性が高い塗料は、建物の表面で熱をシャットアウトすることで、冷暖房の効率をよくする省エネの効果があります。

 

他の塗料に比べて耐久性が高い塗料には、無機塗料、フッ素塗料などがあります。

塗料に使われている主な成分によって、

・アクリル塗料の寿命は5から7年
・フッ素塗料の寿命は15年以上
・無機塗料の寿命は15から25年

というように、塗膜の寿命が変わってきます。

 

ただし、これらの寿命はあくまでも目安です。

塗膜の状態、つまり外壁表面の汚れや日常的なダメージによって、外壁の寿命は大きく変わってきます。

 

 

 

【外壁の汚れは、高圧洗浄機で除去】

外壁に、黒ずみやコケ、ほこりなどの付着が見られた場合には、水洗いによる清掃を行います。

アクア塗装では、主に業務用の高圧洗浄機を使用し、外壁の清掃を行っています。

高圧洗浄機を使うことで、洗剤やブラシなどの力を使わず、外壁についた汚れを根こそぎ除去することができます。

 

日常的な清掃では、ホースの水流で土ぼこりを洗い流したり、つる性の植物を除去するなどのお手入れをおすすめします。

 

黒ずみやコケがガンコに付着してしまった場合は、ブラシや外壁用の洗剤での清掃が可能ですが、ブラシにより塗膜表面が傷ついてしまったり、薬品が塗膜を痛めてしまうこともあります。

 

また、何度掃除してもすぐに外壁が汚れてしまうときには、塗膜が劣化し、外壁塗装の機能のひとつである防汚効果が低下していることが考えられます。

 

防汚効果の低下は、外壁の塗り替えサイン。

汚れが頑固な場合は、ご自身で判断される前に、ぜひ外壁塗装の専門業者にご相談ください。

 

外壁の高圧洗浄の様子は、過去の現場レポートよりご覧いただけます。

 

現場レポートはこちら→「千葉県冨津市 外壁塗装工事 高圧洗浄 U様邸」

 

 

【外壁に痛みやひび割れを見つけたら、早めの補修工事・外壁塗装を!】

外壁を清掃してみたら、黒ずみやコケの下に隠れていたり、外壁そのものの痛みが見つかったりすることがあります。

外壁に設置されている金具の錆、塗膜の剥がれ、ひび、コーキングの劣化などがあった場合は、早めに外壁の補修を行いましょう。

具体的な例を、写真で見ていきましょう。

 

 

【照明やパイプの固定金具が錆びている】

外壁に設置されている、照明、パイプなどの固定金具が錆びている場合は、錆びている金具の交換や撤去作業を行います。

 

金具が錆びたまま設備の使用を続けると、錆びた箇所から周りへの腐食が広がったり、錆びた金具が欠落して、設備そのものが使用できなくなることがあります。

 

金具からの錆のほか、外壁に錆色の水(錆汁)が流れた跡がある場合は、外壁内部の鋼材が錆びてしまっている可能性があります。

錆汁を放っておくと、外壁内部での腐食が進み、外壁の膨張や、外壁表面の大きなひび割れ、剥がれにつながります。錆汁が出てしまった場合には、早めに該当箇所の補修を行いましょう。

 

【外壁塗装面が剥がれたり、​​ひび割れたりしている】

塗装面に剥がれやひびがある場合は、剥がれやひび割れが発生している箇所の下地を補修し、その上から外壁の塗装を行います。

つる性の植物が外壁を覆っている場合、つるの根っこにより塗膜を痛めてしまうことがあります。

塗膜の劣化は、外壁そのものの劣化スピードを早め、建物の寿命を縮めることにもつながります。エクステリアとして植物を用いる場合は、植物が外壁に与える影響について、あらかじめ外壁塗装の専門業者に相談しましょう。

 

【コーキングがスカスカ、ひび割れている】

外壁のつなぎ目に用いられているシール剤を、コーキングといいます。

 

コーキングは、つなぎ目を保護し、外壁内部への水の侵入などを防止する役割を持ちます。塗膜と同様に、コーキングにも、毎日のダメージや経年劣化などにより、ひび割れや縮みが発生します。

 

外壁のつなぎ目がスカスカになっていたり、パッと見てコーキングのひび割れが目立つ場合は、コーキングの補修をご検討ください。

 

コーキングにひび割れや縮みが発生すると、本来の役割を果たせず、外壁内部へ水分が侵入し、外壁の寿命を縮めることになります。

そのため、コーキングに劣化が発生した場合には、今使われているコーキングを除去し、新しいコーキングを施す必要があります。

 

外壁のコーキング施工の様子は、過去の現場レポートよりご覧いただけます。

 

現場レポートはこちら→「千葉県冨津市 外壁塗装工事 コーキング補修 U様邸」

 

 

【外壁をきれいにして、家の寿命を伸ばそう】

家をきれいに保つことは、塗膜や外壁を適切な状態に保ち、家の寿命を延ばすことにもつながります。

 

大掃除で気になる箇所を見つけたら、劣化や汚れの度合いが小さいうち、軽いうちに、まずは専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

“M”

 

千葉県木更津市、君津市、富津市、鴨川市、南房総市、館山市、勝浦市、いすみ市で、塗装工事、屋根工事のことなら、アクア塗装へお気軽にご相談ください。

 

 

 

千葉県木更津市の外壁塗装店【アクア塗装】

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る